低速ジューサーで作るスロージュース、皮や種まで丸ごと搾るので、農薬や放射性物質が気になります。よく水洗いするのは必須です。

無農薬野菜でなくても、家庭で農薬を落とすことができますのでこちらのページを参考に、農薬を除去してみてください。
家庭で野菜や果物の農薬を除去する方法

低速ジューサーに入れる前の下準備

ここでいう「下準備」は、低速ジューサーの投入口に入る大きさにカットする前の準備のことです。下準備の前にはよく洗ってください。下準備の処理方法は材料別にまとめました。

材料名 処理方法
アボカド 皮と種を除く
アロエ 皮を除く
いちご、いちじく へたを除く
オレンジ 皮を除く
皮と種を除く
かぼす スクイーザーで搾る
キャベツ 芯を除く
クコの実 倍量の水に5分ほど浸して戻す
小松菜 根を切り落とす
グレープフルーツ 皮を除く
ゴーヤ 種とわたを除く
ざくろ 中の粒を取り出してほぐす
しょうが 皮付きのまま薄切りにする
白きくらげ 水で戻してゆでる
すいか 皮を除く
セロリ 葉付きのまま切る
冬瓜 種を除く
とうもろこし 実をそぎ、芯を除く
トマト へたを除く
長いも 皮をむく
皮と芯を除く。切ったあとは水につける
人参 皮を除く
パイナップル 皮と芯を除く
バナナ 皮を除く
パパイヤ 皮と種を除く
パプリカ へたと種を除く
ビーツ 皮を除く
ピーマン へたと種を除く
マンゴー 皮と種を除く
皮と種を除く。切ったあとは塩水につける
モロヘイヤ 茎を除く(葉っぱのみ使用)
りんご 半分は皮と芯を除き、半分は芯だけ除く。切ったあとは塩水につける
レモン スクイーザーで搾る

材料の下準備がいらないもの

アスパラガス、キウイ、キャベツ、きゅうり、クレソン、サニーレタス、大葉(しそ)、春菊、チンゲン菜、ぶどう(黒い皮のもの)、プラム、ブルーベリー、ブロッコリー、みかん、ラズベリー、ルッコラ、れんこん(切ったあとは酢水につける)

低速ジューサーでジュースを作るならなるべく旬のものを使う

現在は、スーパーに行けば一年中、たいていの野菜や果物を買うことができます。

ビニールハウスでの栽培や農業の手法も進化していることから、旬ではない時期にも野菜や果物が摂れますが、旬の時期の食材が一番栄養素が高いことは証明されています。

できれば旬のものを使うのがベストですが、旬のものだからこそ、入手したら新鮮なうちにジュースにするのが一番栄養も摂れます。

トマトを例にすると、収穫したあと3日経つと、ビタミンCは約20%も減少してしまうそうです。よく、冷蔵庫のあまりもので野菜ジュースを作るというケースがありますが、栄養のことを考えたら、買ってきてすぐにジュースにするのがベストなんです。

ジュースのためだけに野菜や果物を使うのはちょっともったいない気もしますが「ジュースのためにこの野菜を使う!」と決めて早いうちに使うようにしましょう。