低速ジューサーと、一般的なジューサーにはどんな違いがあるのか?を比較表にしました。

低速ジューサーと高速ジューサーの違いを比較

ジュースにして飲んだ場合 そのまま食べた場合
吸収率 約65% 約17%
吸収時間 10~15分 3~5時間
空気 入りにくい 入りやすい
メリット・デメリット 胃腸への負担をかけない
消化率が3.8倍
×手間がかかる
ジューサーよりは手間がかからない
×胃腸に負担をかける
×実はあまり栄養を吸収できていない

高速よりも低速ジューサーがメリットが多い!

いくら野菜を食べても17%の栄養素しか吸収できないというのは驚きでしたが。

固形のままだと吸収率が悪いからジューサーで吸収率を上げることが目的とすると、高速回転ジューサーではせっかくの栄養素が壊れてしまっているのであまり意味がなくなってしまいますよね。

生で食材を食べるのは、加熱しないで良いことが一番のメリットです。それを高速ジューサーでジュースにしていたら、ただ吸収率が良くなっただけで、肝心の栄養素は摩擦熱によってほとんどが壊れてしまうので意味がありません。

となると、ジュースにして飲む最大のメリットを活かすのであれば、低速ジューサーを選ぶのがベストだということがお分かりいただけるでしょうか。

確かに、価格は一般的なジューサーと比べれば高額になりますが、健康をお金で買うと考えれば決して高い買い物ではないと考えます。

さまざまなガンで、大量のジュースによる治療効果も認められていますし、余命宣告されたがん患者さんが完治しているケースもあります。

ガン治療で使われているのは、もちろん低速ジューサーです。低速ジューサーで作ったジュースのガンに対する効果についてはこちらの本で紹介されています。
↓↓↓
  

また、名古屋にガン治療を専門とするクリニックがあります。そちらでも野菜ジュースを推奨されています。

野菜ジュースを作るには、特にジューサー選びは重要で、低速圧搾方式のものでないとせっかくの栄養を逃がしてしまいます。 ジューサーは低速圧搾式を選びましょう。
【参考】名古屋の希望クリニック

せっかく野菜や果物をジュースで摂るなら低速ジューサーが圧倒的にメリットが多いです。普通のジューサーよりも価格は高くなりますが、お金で健康を買えると思えば安い買い物だと思います。
低速ジューサー最新ランキングはこちら