人間の生命活動は、全て「酵素」によって支えられて働いています。

消化、吸収、排出。これらの全て「生きるための働き」を担っているのが酵素です。

酵素の働きって一体なに?

酵素は化学反応を早く起こすための媒体です。

例えば、ご飯を噛むことで、唾液に含まれる「アミラーゼ」という酵素がでんぷんを麦芽糖に変えます。もしアミラーゼがなかったら、ご飯を消化するのにかなりの時間がかかります。

炭水化物を例に挙げましたが、もし酵素がなかったら、たんぱく質を分解するのに約1000年以上かかるともいわれています。そのぐらい、重要な働きをするのが酵素です。

例に挙げたアミラーゼは「消化酵素」といわれるもので、消化の働きを助けます。もし消化に時間がかかるとしたら、胃や腸にかなりの負担を与えることになるでしょう。

酵素には2万種類という種類があり、それぞれの役割を行っていますが、ひとつひとつの酵素は色々な仕事ができません。炭水化物はアミラーゼ、たんぱく質はプロティアーゼ、というように、それぞれの働きが決まっているのです。

酵素は大きく分けると2つの種類に分けられる

消化酵素
口から入れた食べ物を吸収できる状態にまで分解する。
代謝酵素
分解して吸収したエネルギーを代謝する。

消化酵素はその名の通り、食べたものを分解して吸収する。代謝酵素は吸収されたものを代謝させる。という2つの種類に分けられます。

では、代謝酵素は代謝させるだけだからあんまり重要じゃないかというと、そうではありません。

お客様2

代謝酵素の働き

  • 呼吸
  • 心拍
  • 体温調節
  • ホルモン調節
  • 免疫機能
  • 記憶
  • 筋肉の動作

・・などなど。

代謝酵素は内臓などの器官にあって、全ての生命活動を支えています。どんなに栄養をたくさん摂っても、エネルギーに変えられなければ生きていくことはできません。

体内に存在する酵素と、外から摂る酵素

酵素はもともと体内に存在していて、しかも人間は自ら作り出すことができます。

ただ問題なのは、酵素を作るためには多くのエネルギーとビタミン、ミネラルが必要になるということ。酵素を作るために多くの酵素が必要になるのです。

となると、必要な酵素は外から補わなくてはいけません。酵素を補えるのは生野菜、果物。食生活で生野菜や果物の摂取量が不足していると十分な酵素が作られず、体は常に酵素が足りない「低酵素体質」になってしまいます。

そうなるとどういう状態になるか。

低酵素体質の人の特徴

・疲れやすい
・風邪をひきやすい
・やる気が起きない
・なかなか痩せない
・いつも甘いモノが食べたい
・体温が人よりも低い

など、様々な現象を引き起こします。

消化は早ければ早いほど酵素を減らさない

消化に時間がかかるものばかり食べていると酵素をたくさん消費してしまいます。時間がかかる食べ物の代表格を挙げておきます。

【消化に時間がかかる食べ物】
・たんぱく質 4時間以上
・炭水化物 3時間以上
・野菜 1~3時間
・果物 15~30分

食品添加物がたくさん入った、脂ギトギトのお肉なんて最悪ですよね。お肉にも最初から酵素はありますが、お肉は加熱調理して食べるものなので酵素は熱で死んでしまいます。

逆に、果物はそれ自体に消化酵素をたくさん含んでいるので、体内の酵素をほとんど使わずに消化できます。果物は、胃の消化液から種を守るため、人間の酵素を使わないようになっているんです。

ご飯を食べると眠くなるのは酵素が不足しているから

ご飯を食べたあと眠くなることはありませんか?血糖値が急激に上昇する要因もありますが、消化酵素が多く使われていて代謝酵素が足りていない可能性があります。

まずは消化をしなくてはいけないので、優先して消化酵素が使われます。そうなると代謝酵素は後回し。

代謝酵素は人間の活動的な行動を支えているので、消化に多くのエネルギーを使っていて、代謝に酵素がまわっていないということになります。

炭水化物によって血糖値が急に上昇して眠くなるということも考えられますので、炭水化物抜きの食事をしても眠くなる場合は代謝酵素の働きが鈍くなっているといえるでしょう。

代謝酵素が足りなくなる原因

代謝酵素が足りないのは、ただ単に酵素の絶対量が足りていないだけではなく、酵素を大量に消費してしまっているからということもあります。では、酵素を大量に使ってしまう要因をチェックしてみましょう。

  • 夕飯を夜20時以降に食べる
  • 人間の体は24時間の中でそれぞれ働く内容が決まっています。よく「お肌のために夜22時に寝る」という話がありますが、22時からは成長ホルモンが出る時間なので、その時間に寝たほうがお肌の代謝サイクルが良くなるということですよね。

    それと同じで、酵素は20時から翌朝4時までは代謝酵素が働く吸収と利用の時間と決まっています。そのため、20時以降にご飯を食べると、本来働かなければいけない代謝酵素が働けず、きちんと代謝が機能しないことになります。

  • ストレスが多く、発散できていない
  • 疲れ、ストレスも代謝酵素を大量に使います。日々ストレスを強く受けていると、代謝酵素を日々消費していることになります。

  • 食品添加物、科学調味料をたくさん摂る
  • 人間の体は、天然でないものは不要物と判断し、代謝酵素を大量に使います。しかも消化器官に多くの負担をかけるので、胃腸にとってもよろしくありません。

  • 年齢が40歳以上である
  • 人間は歳をとるごとに内臓の働きが弱まるので、酵素を作り出す量も減っていきます。

お客様2
【まとめ】
酵素は消化酵素と代謝酵素で人間の生きるエネルギーを作り出している
野菜不足、偏った食生活で酵素が不足しがちになっている
消化が早いものほど酵素を節約できる

現代人はほとんどの人が酵素が不足しているといわれます。酵素サプリ、酵素ドリンクなど色々な商品が出ていることでも明らかですよね。では、酵素を補うにはどうすればよいか?はこちらのページを参考にしてみてください。